京つう

  日記/くらし/一般  |  洛中

新規登録ログインヘルプ



2015年12月24日

果てしない愛第11話

ハン・グァンフンはチョン・ヘジン(ソ・ヒョリム)と離婚した。2人は後ろを振り向かず、ゆっくりとそれぞれの道を歩んで行った。パク・ヨンテは自身の首を絞めるソ・イネのため脳腫瘍にかかったミン・ヘリン(シム・ヘジン)、彼の実の娘キム・セギョン(チョン・ソミン)と密航を試みた。

しかし、ハン・グァンフンとハン・グァンチョル兄弟は、パク・ヨンテの手により亡くなったキム・ジョンチョル(ト・ギソク)の息子の通報を受け、彼のあとを付けた。パク・ヨンテはハン・グァンフンとハン・グァンチョル兄弟に銃口を向けたが、キム・ジョンチョルの息子によって死を迎えた。

また、彼を守ろうとしたミン・ヘリンまでその場で寂しく死亡した。それから8年が経った。ハン・グァンチョルは大きく成長した自身の娘と友達のように暮らし、ソ・イネはアメリカ留学を終え韓国に戻り、法務大臣という夢に向けて一歩近づいた。チョン・ヘジンはファッションデザイナーとして成功し、ハン・グァンフンは8年前にパク・ヨンテの銃に撃たれ負傷してしまい、足を引きずっていた。

それでも、彼は息子を独りで育てながら生きていた。以降、再び15年があっと言う間に過ぎた。ソ・イネは15年後、念願の法務大臣になった。それまで厳しい試練に耐え、自分の人生のために生きてきたソ・イネはたくましく強かった。
  

Posted by 川名亜美  at 11:17Comments(0)

< 2015年12>
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
QRコード
QRCODE
インフォメーション
【京つうからのお知らせ】
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
川名亜美
川名亜美